「ミス・パイロット」の見どころを航空業界の裏側から徹底解説!
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ミス・パイロット ― 作品情報・インタビュー

■『ミス・パイロット』(仮)
2013年10月スタート 毎週火曜日 21:00〜21:54(フジテレビ系)


登場人物

手塚晴(てづかはる)…堀北真希

ANAのパイロット候補生。天真爛漫な蒲田の居酒屋の娘。大学4年になり、就職活動をするも素直でウソがつけない性格が災いし、軒並み失敗。ダメもとで受けたパイロット試験中に、思いがけず空を飛ぶ楽しさに魅せられ、本気でパイロットを志すことに…。厳しい訓練をこなすことに精一杯で、教官に怒られてばかりの日々。落第すれば二度とパイロットになれないという重圧に向き合いながら、素直な性格と屈託ない笑顔で、仲間たちと共に試練を乗り越える。  また、ふとした時に普段厳しい教官の意外な面に触れ、次第に意識し始める。過酷な訓練と禁断の恋(?)を経て、彼女は数百人の命を預かるパイロットとして成長していく。
コメント

堀北真希

「えっ!?私がパイロット!?という驚きの境遇はこのドラマの主人公と一緒です。そういった意味でも、共感しながら取り組めるのではないかと思っています。パイロットという仕事の厳しさ、素晴らしさを通して、皆さんに元気と夢をお届け出来るよう頑張ります」

プロデュ−サー・後藤博幸(フジテレビドラマ制作部)

「男性にとってパイロットは、いつの時代もあこがれの職業。僕にとってはまさに、“男性のあこがれ”だったのですが、女性のパイロットも活躍しているということを知る機会があり、そこに夢を感じ、このドラマを企画しました。このドラマがきっかけで、“パイロットになりたい!”という人、特に女性が増えてくれるとうれしいです。私個人の漠然とイメージする女性パイロットは、“強い女性”ですが、パイロットという職業をより身近に感じてもらえるように、今回は、あえて正反対の女性らしいイメージをもち、2007年『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』で御一緒させていただいた堀北真希さんに演じてもらいたいと思いました。夢に向かって前向きに突き進む女性の姿を描いた、明るくて爽快感のあるドラマを目指したいと思います。」

ページ先頭に戻る

女性進出が進まない職種の女性パイロットの奮闘」へ進む

アメリカの全日空訓練所 訪問旅行記
パイロットになるには

ミス・パイロット トップページ」へ戻る

Copyright(C)Eternal Saul